スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
卒業式
昨日は娘の卒業式でした


ずっと上を向いて、口をへの字にして
一生懸命泣かない努力をしている娘の顔がおかしくて愛しくて涙が出ました




昨日先生から渡してもらった私からの手紙
「参観日に子供から受け取った手紙へのお返事を
 ご両親からもらって来て下さい」との宿題に応えて書いたものだけど



===========

陽多へ

お手紙ありがとう。とっても嬉しかったです。

6年生になり急に身長が伸びて大人に近づいた陽多を見て、嬉しくもありまだまだ小さいままでいて欲しいような気持ちの1年でした。
女の子が欲しくて欲しくて、貴女が生まれた時は本当に嬉しかったです。
「そこに貴女が居るだけで 日溜りのように暖かくて和む場所になるように
太陽のように 明るく強くまわりの人に光を与えられる女性になるように」
12年前、お母さんはそんな願いを込めて陽多という名前を貴女につけました。

お母さんが願った通り、明るくて優しく強い子に育ってくれた事を貴女の12年間に関わったすべての人に感謝したいと思います。

これからはお母さんの元を離れ、今まで以上に多くの人に囲まれて暮らす貴女に、もう一つ願いを込めたいと思います
「太陽のように、誰に対しても分け隔てなく貴女そのものを分け与える事ができる人」になってください。とても難しいことだけれど、陽多ならきっとできると信じています。

まだまだ手元において教えてあげたい事が沢山あります。離れて暮らす事が心配でなによりお母さんが寂しいです。けれど陽多が自分で決めた進む道を応援したいのでお母さんも頑張ります。嫌な事や辛い事があった時はいつでも相談して下さい。

もちろん、嬉しい事があった時も教えて下さい。お母さんは笑顔の貴女が一番好きです。


私の娘に生まれてきてくれてありがとう。

                           母より


===============


「ありがとう あなたの子供で本当によかった♪」


昨日ひなた達卒業生が歌った歌の一説です
なんだか手紙への返事をもらった気がしてまた泣いてしまいました






いつまでも「ありがとう」を言い合える関係を築こうね

卒業おめでとう
スポンサーサイト
【2008/03/19 18:41 】 | 子供のこと | コメント(3) |
カウントダウン
12年前の今日

正にこの時間

人生二度目の陣痛を感じておりました


朝、目が覚めたときに「あ、今日生まれるわ」という予感があり
9時過ぎには定期的な痛みが発生

でも、正吾を産んだ時の苦い経験があったので
ギリギリまで病院に行くのをやめて自宅で待機し
「お昼休みの間に産まれるかな?」というのを見越して
産院まで歩いて行きました(所要時間約25分)

実はその後が早かったんです

産院に着いたらそのまま分娩室に強行され
助産婦さんには「道で産むつもり?と怒られ
あれよあれよと言う間に3回いきんだら生まれちゃった

分娩室に入って20分後の午前11時37分
3,576グラムの元気な女の子でした



正直な感想は

「え? こんなん(めっちゃ楽)でいいの???」って



正吾の時は定期的な陣痛が来ていたものの
産院に行ったら「まだ早いね」としばらく病室で待機させられ
その間、ずーーっと陣痛と戦って
過呼吸になるわ、痛みで涙がでて止まらないわと
半分パニックになって、呼吸法も上手く出来なくて
てんやわんやだったんですよ

病院に行ってから6時間後に生まれたから
初めてのお産にしたら順調な部類に入ったのかもしれないけれど
その時の恐怖体験が強かったからね




あれから12年が過ぎました

決してあっと言う間ではなかったけれど
それでも過ぎてしまえば沢山の思い出が足早に頭の中を巡ります


昨日の私学面接で
先生からこう聞かれました

「お母さん、入学したら娘さんがお手元から離れられますがどうですか?」

正直に

「本当は手元で育てたいです」と応えました

最近身長の伸びと共に急に女性らしくなってきたひなた
身体は丸身を帯び、胸も出てきました
そろそろ初潮を迎える頃だと思います

思春期を乗り越える時に出てくる悩みも
できたら一緒に解決してあげたいと思うし
変化する身体と心について色んなアドバイスもしてあげたい

身体にあった下着の選び方や
年齢にあった基礎化粧の仕方
好きになった男の子へのアタックの仕方(落し方)とか・・・

手元に置いていたらいつでもいくらでも教えてあげることができるのに



それでも学園に入れるのは
本人の強い希望と私では教えてあげる事のできないことを
彼女に与える事ができるから


昨日、「あぁ、こういう風になってくれればいいなぁ」という
学園の高校生を見ました

堂々とした態度と笑顔がとても素敵な女性でした


貴女が居るだけで 日溜りのように暖かくて和む場所になるように
太陽のように 明るく強くまわりの人に光を与えられる女性になるように


12年前の今日渡した娘への初めてのプレゼント(名前)を
これからも持ち続けて頑張って欲しいと願っています



さて。。。予定日まで10日を切りました

骨盤が開いてきたのか、昨日から下半身が痛くてたまりません
そろそろ。。。


カウントダウン?
【2008/01/20 13:36 】 | 子供のこと | コメント(0) |
息子との面会
約1ヵ月の休暇を終えて、先月の末に息子は寮へ帰って行きました

次の日、学園内である事故が起こり全国でニュースとなりました

もうご存知の方ばかりだと思いますが
9月1日に息子の通う学園で野球の練習中に生徒がひとり亡くなりました

昨夜、そのことで緊急保護者会が開かれ
全国から中・高の保護者が集まり先生方のお話を聞きました

報道だけでは分からなかったその時のこと
また、その亡くなった生徒自身の事、御両親のこと等
直接詳しく聞くことができ
ここで詳しいことは書けないけれど
色々な事を確認できて行ってよかったと思いました

人ひとりが亡くなったのだから、完璧とは言えないけれど
学園は最前の努力を行ってくれたと言う事
また、事件後も残された家族や生徒達に出来る限りのフォローをしてくれているということが真摯に伝わってきて安心しました

その後、遅かったので迷ったのですが息子に面会を申し出
少しの時間正吾の顔を見てきました



今回亡くなった1学年上の先輩は
今学期から息子と同室になったらしく
訃報を受けた夜はやはり眠れなかったようです

夏休みからほんの1週間しか経っていないのに
少し大人びた表情をした正吾は
無口な彼にしては珍しく少し早口であれこれと学園内であったことを話してくれました


朝一緒に目覚めて話をし、夜には会えると思っていた人が
突然いなくなるという経験をはじめてしたのだから
言葉に出来ない違和感を感じていたのでしょう



「人っていきなり死ぬんやなぁ」


色々話をする最中に、ぽそっと言った正吾の言葉は
現実を受け入れたいけれども
イマイチ納得できないというような子供でもなく大人でもない
感じたままの本音でした


「そうやで、だから命は大切にせーなあかんやで」


同じ年代の息子を亡くしたご両親を思うと
そう答えるのがやっとでした


学園の保護者は半数以上が学園出身者で、宗教学校ともありある意味特殊な環境です
今回のことでもちろんみんなが哀しんだけれども
哀しみだけではない別の大きなものも受け取ったと
先生方も保護者も、そして亡くなった生徒のご両親も言っていました


言葉だけではない「彼の死を無駄にしない」という想い
今回の事があったからこそ気付けたこと

起きてしまったことを遡って変更することはできないけれど
だからこそ、今からできることを精一杯やるんだと
その場にいた全員が強く思いました


今回のことが、息子の人生にどういう意味をもたらすのかは
まだまだ先にならないと分からないけれども
彼にその「未来」があるということに
今はただ感謝したいと思います




そして亡くなった生徒さんのご冥福をお祈り致します

【2007/09/06 15:28 】 | 子供のこと | コメント(0) |
何を入れる?
昨日、娘の授業参観に行ってきました

国語の授業で ○○に言葉を入れなさい という内容でした

だいち
         谷川 俊太郎

だいちのうえに くさが○○
だいちのうえに はなが○○
だいちのうえに きは○○○
だいちのうえに あめは○○

だいちのうえを ○○はかけ
だいちのうえを ○○はとび
だいちのうえを ○○ははい
だいちのうえを ○○はふく

だいちのうえに ひとは○○
だいちのうえに ○○をまき
だいちのうえに いえを○○
だいちのうえ○ つかのまに

だいちのうえで ○○○あい
だいちのうえで ○○○あい
だいちのうえで たたかって
だいちのうえで ○○○ゆく





言葉に答えはなく、友だちとの相談もなしで
自分が思いついた言葉を入れれば良いと先生が言っていたので
私も考えながら ひとつひとつ言葉を選んでいきました

その後、生徒達の発表があって


最後の行、クラスの殆どが「しんで」とか「きえて」と入れてたのに
(ちなみに私も「しんで」を選びました)
たったひとりだけ「いきて」と書いた男の子がいました

彼は
「この詩は、まだこれから始まりのように感じた」と言うのです

なんだかΣ(゜m゜=)ハッ!!とさせられました



あ、それと娘の答え。。。

だいちのうえで ○○○あい
だいちのうえで ○○○あい

多くの子が「ころし」「にくみ」と書いていたにも関わらず
(ちなみに私は「あいし」と「にくみ」です)
娘は「はなし」「くらし」と書いていました

他にも「まなび」「ゆるし」「めぐり」など
なるほどっ!と思ったものがいくつかありました


大人になった私たちは
心のどこかで刹那的な言葉を選ぶ癖がついているのかもしれません



俊太郎の詩は「あいし」「にくみ」だけれど

子供の想像力って素晴らしいって思った授業でした
【2007/06/20 16:45 】 | 子供のこと | コメント(0) |
今日の楽しみ
今日は娘とコレ↓見に行きます
http://www.namikiri.jp/event/pickup/p2007_0529.htm

だーりんは残念ながら時間が間に合わないので
チケットは取りませんでした

なんと、前から4列目のオーケストラピット真横です

大地真央の毛穴まで見えるかも~


このお話、映画を何度も見ました
大好きなんですね

私たちの年齢だと、へプバーンに憧れなかった女性はいないんじゃないでしょうか?


娘は初めてのお話だけど、基本はシンデレラストーリーですから
楽しんでくれるといいなぁ~と思っています


子供達には、機会がある毎に「本物」を見せるようにしてきました
色々な経験をさせて、沢山の経験を積んでもらいたいなと。。。


観劇するときのマナーや、食事マナー、初めて逢う方へのご挨拶など
その都度教えて実践させています

今はまだ、よく分からないかもしれないけれど
大人になった時に、素敵な女性になるように
見た目だけでなく、中身も充実した大人であるように


私が母から教わったことを、同じように娘に与えられたらなと
一緒に行動するたび思うのです


ということで。。。


感想はまた明日です
【2007/05/29 11:50 】 | 子供のこと | コメント(2) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。